ページの本文へ

Hitachi

日立投資顧問株式会社

  1. 基本的考え方
    当社では、複数の投資信託に係る有価証券等(有価証券、有価証券に関する信用取引およびデリバティブ取引をいいます。以下「有価証券等」といいます。)の売買注文が同一の売買条件(有価証券等の種類および銘柄、売付または買付の別、取引種類ならびに執行価格または価格帯をいいます。)であるものについては、銘柄毎に複数の売買注文をまとめて証券会社に発注することがあります。(以下「一括発注」といいます。)
    これは、複数の信託財産間の公平を期すために実施するものです。
    ただし、市場の急変等により一括発注とすることに問題があると判断した場合については、一括発注は行いません。
    なお、一括発注については、当社が直接実施する他、当社が投資信託の運用を再委託している運用機関(以下「再委託運用機関」といいます。)毎に当該再委託運用機関が行います。
  2. 対象有価証券等および対象取引
    取引所金融商品市場、外国金融商品市場または店頭売買金融商品市場に上場または登録されている有価証券等とします。(現物取引に限らず信用取引およびデリバティブ取引を含みます。)
  3. 約定結果の配分方法
    発注数量が全て執行できなかった場合(いわゆる「内出来」)には、当社および再委託運用機関各社規定の配分基準により各信託財産に配分いたします。
  4. 最良執行の基本方針
    当社および再委託運用機関各社の方針に基づき、マーケットインパクト(自らの発注により市場価格に影響をあたえること)を避けるために必要であると判断した場合には、分割発注を行うことがあります。
  5. 社内管理体制
    一括発注の実施にあたり、当社内におきましては、一連のプロセスが適正に執行され、検証できる体制を整えております。再委託運用機関につきましては、一括発注に関する執行方法および管理体制等を確認し、再委託運用機関の業務執行状況について、リスク管理オフィサーがチェックします。

以上